IDJ - 最初の6ヶ月間 : RPA ジャーニーとハネウェルが学んだこと (The First Six Months: Your RPA Journey and Lessons Learned at Honeywell)

July 12, 2020

ハネウェル社は、限られたリソース、受注量の増加、膨大な数の反復的なタスクに迅速に対応するために、RPA に着目しました。本セッションでは、同社が RPA 導入によって実現したチームのキャパシティの増加、SLA の改善、チームメンバーの役割を自動化のためのCOE(センターオブエクセレンス)として引き上げた方法についてご紹介いたします。

Honeywell turned to RPA in its efforts to quickly address limited resources, increases in order volume, and excessive numbers of repetitive tasks. The results? Increased team capacity, improved SLAs, and the ability to promote team members as a Center of Excellence for automation.

Previous Video
COVID-19 NHS-MSFT Demo Video Music+Voice
COVID-19 NHS-MSFT Demo Video Music+Voice

Unprecedented times call for unprecedented measures. Check out the video to see how to automate clinical fo...

Next Video
IDJ - サンコープにおけるインテリジェント オートメーションの旅 (Intelligent Automation Journey at Suncorp)
IDJ - サンコープにおけるインテリジェント オートメーションの旅 (Intelligent Automation Journey at Suncorp)

サンコープ社は組織の連携を促進し、RPA の普及に伴う摩擦をなくすために、説得力のあるビジネスケースを構築しました。本セッションでは同社が RPA の導入後に学んだ、導入効果を最大化する方法、ガバナンスの導入、適切...