多品種帳票の処理を効率的に自動化するために -IQ Bot x Tegakiでここまでできる最新情報-

January 12, 2021

業務の効率化、自動化の適用を拡大するうえで、課題となるのが手書きを含む、様々な種類のドキュメント、帳票への対応です。本セミナーでは、今後リリースが予定されている、手書きの文字を高い精度で検出できるAI-OCRサービス「Tegaki」と、オートメーション・エニウェアのインテリジェント オートメーションソリューションであるIQ Botの一体型ソリューションについていち早くご紹介します。 固定帳票はもちろん、多品種の準定型帳票を扱う業務がどれほど簡単な事前設定で自動化できるか、デモも含めてご紹介します。

Previous Video
地方自治体様向けオンラインセミナー:地方自治体の皆様における、RPA活用による新しい働き方改革
地方自治体様向けオンラインセミナー:地方自治体の皆様における、RPA活用による新しい働き方改革

多くの地方自治体様で、少子高齢化、2025年問題等の対策としてRPAの導入が進んでいますが、まだ実証検証レベルの自治体様が多く、大きな成果を出していくには課題が出てきております。当セミナーでは「内製化は本当に可能な...

Next Video
RPAの導入がうまくいっていないと感じている方に聞いていただきたいこと
RPAの導入がうまくいっていないと感じている方に聞いていただきたいこと

RPAを検証、導入してみたが思ったよりも効果が出ない、適用できるところが少ないなど、導入前に持っていた期待が薄らいでいることはないでしょうか?本セミナーでは、オートメーション・エニウェアのEnterprise A2...